個人制作で安く済ませる

個人での動画制作のメリット、デメリット

個人での制作メリット

個人で動画制作を受ける場合、依頼側が企業に依頼するよりも低コストで依頼することができます。
そのため、個人の動画制作も需要があります。
また、報酬面も違います。
報酬に関して言えば、企業を通して個人の報酬になりますが、個人の場合は直接報酬に繋がることになります。
案件が大きくなればなるほど多く報酬を得ることができます。
またマルチに特化している人や、得意な分野がある人もいるので依頼する側はそのスキルに応じて依頼することができます。
苦手な分野があったとしても、何か他に得意な分野があれば問題はありません。
こちらも得意な分野だと、クオリティが高いものを制作できたりしますので、質が高く早く納品がしやすくなるのです。

デメリット

個人での動画制作にはいくつかデメリットがあります。
動画制作での機材などは限界があり、企業では数千万円の機材を投入できますが、個人での機材投資で限界があります。
そのため制作のクオリティに限界があるという点です。
また、基本的には依頼者と制作者のやり取りはメールなどを使用するため、細かな要望が理解しづらい点があり、依頼者側が求めていたものとの相違が出てきます。
いかに依頼者が何を作って欲しいか考えそれを自分のスキルを掛け合わあせて作ることで良いものが出来上がります。
独学でも動画制作ができるので、スキルを身に付ける事を考えると毎日勉強し続けることが大切です。
デメリットを踏まえても、個人での動画制作は稼ぐことができますので、大変なことが多いかと思いますがおすすめ致します。


この記事をシェアする