個人制作で安く済ませる

個人での機材の重要性

基本的には機材は自己負担

個人で動画制作する場合は、機材購入などすべて自分で行わなければなりません。
企業に所属している場合は、比較的効果な機材を使用することができますが、個人で制作する場合は限界があります。
カメラでも数百万のものなど、全て高価なもので揃えると高額です。
しかし、現代では家庭用のカメラや編集ソフトなど進歩していますので、昔に比べ画質が良いものが安く手に入る時代になりました。
こだわれば、数百万など高額なものになりますが、数万円でも比較的綺麗な映像が手に入ります。
また、動画サイトなどにアップロードする画質などであれば数万円のカメラで十分綺麗に見ることができます。
パソコンもスペックが高いものを選ぶ必要がありますので最低限のカメラとパソコンは必要となります。

著作権の問題

動画制作の際に忘れてはいけないのが著作権の問題です。
知らずに撮った映像が著作権に触れているということがあります。
例えば公園です。
公園によっては使用料が取られる場合があり、中には撮影が禁止されている公園もあります。
次に道路ですが、道路には公道、私道があるためそれぞれの管轄の場所に許可が必要となります。
お店なども許可が必要なので、責任者に許可を貰うなどしなければなりません。
色々と大変な作業ではありますが、著作権の問題をないがしろにしてしまうと後々トラブルになってしまう可能性があります。
看板などが映り込む場合も許可が必要なので、許可が得られなければモザイク処理など行わなければなりませんが、モザイクを掛けると不格好になってしまうので、許可をとっての撮影をおすすめします。


この記事をシェアする